映画『Fathers & Daughters』監督ガブリエレ・ムッチーノ 主演ラッセル・クロウ

近日公開予定の映画『Fathers & Daughters』

秋には公開される映画の中で楽しみにしている一つです。

子供モノ・動物モノの感動ストーリーは観ていて分かってはいるのだけれど泣けてしまう。

そんなお約束の感動ストーリがたまらなく好きな私が期待する作品です。

スポンサーリンク
レクタングル大




あらすじ

Fathers-and-Daughters-Movie (2)

“ピューリツァー賞を受賞した作家のジェイク・デイヴィス(ラッセル・クロウ)は、致命的な交通事故により5歳の娘ケイティ(カイリー・ロジャーズ)をたった一人で育てなければならなくなり、世間を相手に闘うことになる。

数年後、大きくなった娘(アマンダ・サイフリッド)は、人とのつながりを築くことに苦労する。
ナレーションは1980年代と現代を行き来している。”

監督&キャスト

「幸せのちから」の監督、ガブリエレ・ムッチーノ

ラッセル・クロウ

アマンダ・サイフリッド

アーロン・ポール

ダイアン・クルーガー

オクタヴィア・スペンサー

ジェーン・フォンダ

クワベンジャネ・ウォレス

主演にラッセル・クロウとアマンダ・サイフリッド、2人の名優を迎える。「レ・ミゼラブル」でも感動の演技を魅せた2人。

今回も期待が高まる。また、クワベンジャネ・ウォレスを始めとした俳優・女優陣も脇をかため、感動のストーリーを紡いでいく。

『Fathers & Daughters』

「幸せのちから」の監督、ガブリエレ・ムッチーノが送る感動の物語、映画『Fathers & Daughters(原題)』が2015年秋、丸の内ピカデリーほか、全国ロードショー される。

『Fathers & Daughters』

スポンサーリンク
レクタングル大




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
レクタングル大




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です